ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

      2016/03/15

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

朝起きたら腰が痛いのは筋肉疲労と寝具が原因

筋肉疲労が蓄積している

無理な姿勢や長時間同じ姿勢を続けていると
体を流れる血液の流れが 悪くなっていきます。

血行の流れが悪いと 筋肉疲労の原因となる乳酸が
溜まってしまい そのまま排出されずに残ります。
この疲労物質の蓄積が 腰にたまっている状態。

特に運動したり 重い物をもたないのに腰が痛い。
血行不良が原因の筋肉疲労の蓄積によって
腰に疲れが溜まってしまっているんです。

この筋肉疲労は 立ち仕事・座り仕事に関係なく
どんな姿勢であっても 起こってしまうものです。

布団があっていない

ベッドのマットや 敷き布団が「合っていない」
ことが原因なんです。

腰に負担がかかるのは 単純に柔らかい固いという
一般論で語ることができないものです。
実際に寝てみて 心地よさを感じる物がベスト。

とはいっても 現実問題として敷き布団を試すことは
難しいでしょうから 一応の目安を。
・前かがみが痛い場合→固い方が良い
・後ろに重心を置くと痛い→柔らかめのものがよい
これは体のゆがみの状態によって 判断したものです。

選ぶときは こうした基準をあたまにいれつつも
自分にとってフィットできるものを選びたいところ。

引用元-朝起きたら腰が痛いのが悩み|立ち仕事でも座り仕事でも起こる原因と対策

スポンサーリンク



  人気記事

寝起きは筋肉が硬くなりやすい

輪ゴムは、毎日使っていると柔軟性が保たれてしっかりと伸び縮みします。しかし、輪ゴムを使わないで置いておくとどんどん劣化してしまい、上手く伸び縮みしてくれません。

扉なども毎日開けている扉は、スムーズに開きますが、久しぶりに開ける押入れの扉は「ギギッ・・・」と開けづらくなります。

これらと同じように筋肉も動かしていると柔軟性が保たれますが、動いていないと硬くなっていきます。特に寝ている間は、昼間のように体を動かさないので筋肉が固まりやすいのです。

しかし、人間の体には寝ている間でも筋肉が硬くならないような機能が備わっています。

引用元-寝起きに起きる腰痛を改善する為の3つの方法

スポンサーリンク



循環も悪さによる朝の腰の痛み

朝は、そもそも血液循環が悪いことが考えられます。体温は一日で朝が一番低くなるという身体のシステムがあるのを知っていますか?午前4時ごろ~6時ごろが最も体温が低くなり、逆に夕方4時~6時ごろが最も高くなるといわれています。

そのため、午前4~6時ごろにかけて体温も下がり、血液循環も弱くなりやすく、痛みが出やすい環境があるということですね。すべり症やヘルニア、狭窄症があると患部の血流が下がるとより症状が出やすいので、朝の痛みを訴える方が多いんです。

また、当院の患者さんでも内蔵機能の低下、関節、筋肉の問題があり、もともと血液循環が悪い状況下の方におこりやすいんですね。ここが朝腰が痛い患者さんの共通状態です。

引用元-朝起きると腰が痛い3つの原因とその対処法とは? | 大阪市の整体 全国の治療家が絶賛するRianto鍼灸整骨院

食事の時間が原因で朝起きたら腰が痛いことも

食事ですが、世間で言われている
2時間前には食事を終わらせる事が常識になっていますが
実際は、3時間前が負担が少ないらしいです

食事は色んな成分が混ざっているので消化には
3時間が必要だとも言えます

結局は食べてすぐに寝るのは論外と言えます
ある程度、なる前に消化を済ませてから
寝るのが内臓の負担を減らします

食後は活発に内臓が動きます
動いた後は休む時間も必要ないです

皆さんもずっとは動き続けることできないですよね〜
休憩する時間あれば体もやすまり
また元気に動けると思います

それと同じで内臓も筋肉なので
動き続ける事は内臓疲労が抜けないという事になります
内臓の疲労は腰痛に直結です

引用元-「朝腰が痛いと感じたら必ずやってほしい体操」 | 他院も指導する技術力 緑区の整体アオラニ関節調節院

内臓疾患による朝の腰の痛みにも要注意

一般的に、腰痛が起こる原因は、
外部から何らかの負担を腰にかけたことに
よるものがほとんどです。
(運動性腰痛)

ただ、まれに内臓疾患が原因で
腰痛が発生することもあるんですね。

可能性のある病気は多岐にわたり、
胃、腎臓、すい臓、膀胱、子宮など、
さまざまです。

これらの臓器と腰には、
同じ経路の神経が走っているので、
臓器の痛みと腰の痛みを
混同しやすいんですね。

起床時に腰痛が発生する場合、
内臓による腰痛の可能性は低いと思いますが、
心配な場合は、一度病院で
診察を受けてみることをおすすめします。

引用元-朝起きたら腰が痛い 起床時の腰痛を改善する3つの方法とは? – 朝起きたら腰が痛い 寝起きの腰痛の原因と対策は?

 - 生活の知恵, 美容・健康