ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

      2016/03/05

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

朝にバタバタしてしまうのは健康に良くない

朝は時間との闘い。目覚めが悪いとさらに時間がなくなって、気持ちは焦るし、家の中を走り回ることになります。ところが、こんな朝の「バタバタ」が、1日を台無しにしてしまうこと、知っていましたか? 眠っている間、人間の体は自律神経のうち、リラックスをつかさどる副交感神経が優位になりますが、朝、目覚めるとともに、徐々に活動モードの交感神経優位に切り替わります。つまり、朝はちょっとしたことで自律神経が乱れやすい時間帯。この時間にバタバタすると、副交感神経から交感神経への移行がスムーズにいかず、疲れやすくなったり、1日中ボーッとしたりする原因になるのです。

引用元-朝が変わる!寝る前のちょこっと習慣 | 月別テーマ | サワイ健康推進課

スポンサーリンク



  人気記事

夜型から朝型へシフトしてより良い1日を送る

まずは、朝方シフトです。日の出とともに起きること。夏は4時半~5時に、真冬は6時~7時ごろでしょうか。だいたい6時くらいの起床をオススメします。朝、陽の光とともに起きるためには、朝日を遮ってしまう遮光カーテンはNG。遮光カーテンをお使いであれば、5cmくらいでよいので、少しだけ開けておくとよいでしょう。朝20分以上の日光を浴びることによって16~17時間後にメラトニンが放出されるので良い睡眠を取れるようになります。

そして、パソコンやスマホでの作業は朝に行いましょう。液晶の光で交感神経を活性化させるのは問題ありません。朝は、アクセル踏んで行動モードになってよいからです。

引用元-結局、朝型生活が健康によい? 自律神経を整えるコツをメディカルカウンセラーに教わりました – Six Apart ブログ

スポンサーリンク



朝ヨガでダイエットと健康を手に入れる

少し前にヨガが大ブームとなりました。ヨガという言葉をそれまでそんなに聞いたことはなかったのではないかというくらい、その時はヨガの本もたくさん売っていましたし、色んな人が体験ヨガを受けに行ったりしていました。このヨガを朝にするのが非常に良いのです。
ヨガは有酸素運動です。 あんなにゆっくりとした動きなのに、実はきちんと体内に酸素を取り込む運動なのです。ですから、もちろん脂肪を燃焼させてくれる効果があります。そのせいか、ヨガのDVDなどで教えている人は非常にスレンダーな体つきですよね。
そして、モデルのSHIHOさんや、タレント藤本美貴さんも、これで産後のボディを産前の状態、もしくはそれ以上に戻したと言っています。

引用元-30前から始めよう!朝習慣を身につけて健康と美容をゲット! | そっか~(人´∀`)

健康のためにも朝食を 朝食の重要性について

厚生労働省による「国民健康・栄養調査(平成16年)」によると、朝食を食べない人は20代で男性30%、女性22%に上ります。最近では朝食を摂らない子どもも昔に比べて多く、1~6歳では5.4%、7~14歳では3%となっています。朝食を摂らない理由として挙げられるのは、やはり時間がなくて「忙しい」ということ。しかし「忙しい一日」をこなしていくためには、朝食をしっかりと摂ったほうが好ましいといえるでしょう。

朝食は英語で「Breakfast」。「fast(絶食)」を「break(中断する)」ということからきています。つまり寝ている状態を「fast(絶食)」とみなしているのです。これには水分も含まれます。寝ている間、人間はコップ一杯程度の汗をかくといわれています。血中の水分も不足しているため、血流が悪い状態です。それゆえ朝に「一杯の水」を飲むことで血流が良くなり、臓器の活動を呼び起こすことになるといわれています。

また、朝食を抜くと、昼食や夕食で食べる量がつい増えてしまうことも。間食も増えたりして結局一日のトータルでみると「食べすぎ」になってしまいがちです。また、朝食で炭水化物や糖質を摂らないと脳のエネルギー源となるブドウ糖も不足しがちになります。結果、集中力が散漫になって、昼食までの時間がいまいちシャキッとしない・・・といったことになってしまいます。さらに、エネルギーが不足した体は「省エネ」モードになるため、じっとしている際にもエネルギーを消費させる「基礎代謝」が下がります。その結果、脂肪が分解されにくい体質となって、生活習慣病になりやすくなってしまうともいわれています。

だからといって朝に食べ過ぎるのも考えもの。消化器官はまだ半分眠っていると考えてください。消化吸収しやすい炭水化物を中心に、栄養のバランスを考えて適度な食事を心がけましょう。

引用元-食事、運動・・・朝の習慣と健康|健康の雑学|元気通信|養命酒製造株式会社

朝食は何を食べると効果的?

あなたはごはん派?パン派?
朝はごはん派とパン派に分かれ、それぞれの家庭での定番の朝食というのが大体決まっていると思います。
両方とも炭水化物に分類され、エネルギーの素になるという点で共通しています。
しかし、パンはバターや塩など色々な材料から作られているため脂質や塩分がごはんに比べて高くなっています。
手軽に食べられる菓子パンや調理パンはおかずなしで済みますが、栄養素が脂質や糖質に偏っているため栄養バランスが悪くおすすめできません。
 
和食と洋食はどちらがいい?
ごはんとパンのどちらにするかでおかずの種類も変わってきます。
ご飯の場合は佃煮や納豆などの和食、パンの場合はウインナーやハムなどの洋食のおかずを合わせることが多いです。
パンを主食とすると洋食寄りの食事となり、脂質や動物性食品の摂取が増えてしまう傾向にあります。
 
パンよりもごはんが優れている理由!
また、ご飯に含まれているアミロペクチンという物質は消化が遅いので、パンよりもごはんの方が「腹もちが良い」とされています。
昼食までの間に空腹になりにくいこと、栄養バランスが優れていることなどを考えるとパンよりもご飯を中心とした朝食の方が健康的であるといえます。

引用元-健康な体を作るために朝ごはんを食べよう〜3つのポイント | いしゃまち

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康, 雑学