ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

朝が弱い 起きれない人の対処法

      2016/01/25

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

目覚めを快適に過ごすために日光を浴びる

朝、日光を浴びると体は1日の始まりを意識します。この時、1時間ズレていた体内時計をリセットしてくれます。

一方、朝に日光を浴びないと体内時計のズレはどんどん拡大していきます。これが規則正しい生活リズムを崩すことになり、結果、「なかなか寝られない…」や「朝、起きるのが辛い…」となるのです。

そこで、カーテンを少し工夫してみましょう。たいていの家庭では、カーテンは二重になっていると思います。薄手のカーテンと厚手のカーテンですね。厚手のカーテンは、室内の気温を保つ効果があり、また外から見られないという「プライバシーの保護」役割も果たしています。

しかし、朝の日光を遮断してしまうというデメリットも持っているんですよ。これでは体内時計のリセットに必要な日光を十分に取り込めないため、朝の目覚めも悪いものになってしまいます。

そこで薄手のカーテンだけを閉めて、厚手のカーテンを開けておく方法があります。寝るときに部屋を真っ暗にしておけば、外から見られる心配もありません。また薄手のカーテンの多くは、「明るいところからは中が見えない」という、一種のマジックミラーのようになっていることをご存知でしょうか?

朝、電気を付けていない部屋の中は外よりも暗いですよね?したがってマジックミラー効果のおかげで、薄手のカーテンでも室内を外から見ることは出来ないのです(逆に、夜の時間帯は部屋の中の方が明るいので外から丸見えです)。

「薄手のカーテンだと室内を見られるのでは…?」と心配される方も多いと思いますが、実はそれほど心配することでもありません。

ただし薄手のカーテンだけだと、部屋の保温効果が薄れますので、特に冬は暖かい格好をして就寝するようにしておきましょう。

引用元-素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術! – ザ・チェンジ

bsMAR88_kabintotabel

スポンサーリンク



  人気記事

日光の代わりに光をあてる目覚まし時計で起床する

カーテンを開けて寝るなどで朝、光で起きることは目覚めを良くするのにとても効果的なのですが、カーテン開けっ放しはちょっと・・・という人や、日が昇る前から起きなければいけないときなどありますよね。

そんな時は「光を当てる目覚まし時計」がオススメです。

この時計は起きる30分前から徐々に光を当てていき、
睡眠が浅くなったときに小鳥のさえずりのような静かな音で目覚めを促すものです。

これで朝の目覚めが良くなったというデータもあるようです。

また、光を浴びるのは睡眠のリズムを整える効果があります。

睡眠障害やうつ病を治療する「光療法」というのもあるぐらいなので、光の刺激がもたらす効果を侮ってはいけません。

引用元-朝起きれない人がパッと気分よく目覚める方法

スポンサーリンク



快適な起床のために夜のスマホやパソコンを控える

夜寝る前ギリギリまでスマホやパソコンをいじりたくなる気持ちはすごくわかります。たとえばフェイスブックにしてもツイッターにしても夜寝る前あたりが一番まわりの動きが活発になりますからね。
しかしパソコンやスマホの強い光は睡眠に大きな悪影響を与えます。もし朝スッキリ起きたいと思ったら、それは我慢する必要があります。良質な睡眠をとることが朝スッキリ起きるための何よりのコツです。
スマホやパソコンは朝いじればいいのです。せっかくすっきり目覚めたのですから、その分時間を有意義に使えるはずです。
たしかにリアルタイム感は薄れてしまいますが、元来SNSとはリアルタイム感を求めるものではありません。朝の生活を大切にするためにも、夜の使用は控えましょう。

引用元-朝起きれない人へ!朝すっきり目覚める方法3選 | そっか~(人´∀`)

冬におすすめの起床法

こちらは冬にオススメの朝起きる技ですね。

冬は布団の中と外の温度差が激しいため、なかなか起きられない人が多いようです。布団に入る前に起きる時間にちょうど暖かくなるようにタイマーを合わせておくことで、寝ている間に喉を傷つけずに済みます。

また、部屋が乾燥しないように加湿器などを用意しておくのも冬の日には良いしょう!

引用元-朝起きれないのを改善しよう!原因と対策について | Hapila(ハピラ)

朝食を摂って生活習慣や睡眠を快適に

朝ご飯を食べないという人が多いと以前テレビで見たことがありますが、これは一番体にしてはいけないことです。何一つ体に良いことはありません。良く若い人たちが朝ご飯を抜けばその分夜に食べられるし、ダイエットになると考えているようですが、基本的に朝ご飯を抜いても体重は減りませんし、むしろ減りにくい体になってしまいます。

体も朝から重く、一層寝起きの悪い朝になってしまいます。朝の強い人間になるためには少しでも朝ご飯を食べる事をお勧めします。また、寝起きの良い音楽を掛けて少しでもリラックスした気分で起きるようにする事も工夫の一つです。リラックスしすぎてまた眠ってしまうようでは問題ですが、朝に脳を動かすためにもリラックスできる曲はとてもお勧めできます。

おもいっきり背伸びをした後、ゆっくりと体を起こすことで体に負担を掛けることなく起きることが出来ます。また、起きてもジャキッと出来ない人はシャワーを浴びることもお勧めします。朝から体をすっきりさせることが出来ますし髪の毛は洗う必要はありませんが、体から目を覚ましてあげることができます。

引用元-解消法 朝起きれないのを解消する対処方法や対策・原因・特徴について | 色々な対処方法や対策・原因・解決・特徴 解消法ボックス

 - 生活の知恵, 美容・健康