ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

      2018/12/28

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

読書感想文の書き方は?書き出しや文章構成について

夏休みの課題などになる読書感想文ですが、

書き方がわからなくて、困ったりしていませんか?

ポイントを掴めば難しいことはないので、

書き出しや文章構成について知り、さらっと書いてしまいましょう!

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

朝の顔のむくみはなぜ起こる?

むくみを引き起こす原因は主に二つあります。

内臓機能の低下
水分代謝が滞る
両者のむくみを見分けるには、むくんでいる時間の長さで判断しましょう。

朝むくんでいても時間の経過とともにむくみが解消されるときは水分代謝が原因ですし、長時間むくみが取れない時は内臓疾患が疑われます。その場合は病院を速やかに受診することをおすすめします。

水分代謝の悪化が原因で顔がパンパンにむくんでしまうのはズバリ、リンパの流れが滞るからです。

私達の体には全身にリンパ管が張り巡らされていますので、それが老廃物や余分な水分を排泄する役割を持っているのです。

ところがこのリンパの流れが滞ってしまうと、排泄されるはずの余分な水分や老廃物が体に残ったままになります。それがむくみを引き起こすのです。

引用元-朝の顔のむくみを解消したい!即効できるむくみ解消法と対策 | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

顔のマッサージでむくみ解消

リンパの流れをよくして、むくみをとるという意味では、フェイスマッサージは実に優れた方法です。
むくんでいる時にはもちろん、小顔になりたいと思う時などにも使えますし、覚えておいて損をすることはないでしょう。
やり方としては以下の通りです。
口や目を見開き顔を大きく縦に伸ばす
顔のパーツを中心に集めるイメージで顔をギュッとする
両手の中指と薬指の第二間接を口角の横にそわせる
そこから目頭まで持ち上げて、ほお骨にそって耳の前まで流し、鎖骨に流す
口角の横に両手の中指と薬指の第二間接をそわせる
そこからあごのラインにそって耳たぶの後ろまで流し、鎖骨に流す
左手で顔を支え、右手の平を右のエラのあたりから目頭めざして持ち上げる
右手で顔を支え、逆も同じことをする
これらを3セット繰り返す
こういった、簡単なフェイスマッサージです。
顔の中の血行の流れが良くなるのももちろん、リンパの流れは抜群に良くなります。
顔も、他の筋肉と同じように筋肉がありますし、朝にはそれがこりかたまっているものです。
やはりむくんでいるのは顔ですから、顔もマッサージした方が気分的には落ち着きますよね。
もちろん大切なのは顔だけではないのですが、顔をマッサージして気分的に、よりむくみに効果がありそうと思うことも大切なことです。
そういうプラシーボ効果は、実に有効なものです。
精神論ではないですが、そういう効果なしにはなかなか短時間で顔をスッキリさせるのは難しいですから、よりむくみが解消されることを感じるためにも、フェイスマッサージは非常に有効なことです。

引用元-朝の顔のむくみを、会社に行くまでにすっきりさせる方法 | そっか~(人´∀`)

スポンサーリンク



カリウムを含む食材でむくみを予防

カリウムには利尿作用があり、体内の水分代謝をスムーズにしてくれます。

つまり、体内にある余剰水分を排出することによりむくみを防止してくれるのです。

具体的手にカリウムが豊富に含まれる食材はこちらです。

野菜:キノコ、トウガラシ、ニンニク、パセリ、ホウレンソウ、キャベツ、アボカド、切干大根など

海藻類:昆布、わかめ、ひじき、のりなど

魚介類:鰹節、煮干し、するめ、干しエビ、アジなど

豆類:落花生、インゲン、アーモンド、松の実、大豆、小豆、エンドウ豆など

果物:キウイ、バナナ、干し柿、プルーン、干しブドウ

カリウムは水溶性の栄養素なので、長時間食材を水にさらすと、せっかくの栄養素が失われてしまいます。

調理の際にはできるだけ水に浸さないように注意しましょう。

引用元-むくみに効く食べ物7つ

顔のむくみは病気である可能性も

単なる顔のむくみだと思っていたものが実は病気のサインだったということもありえます。

いつもと顔のむくむ感じが違うなと思ったら、一度病院で見てもらうといいでしょう。

顔のむくみから疑われる病気として、
「ネフローゼ症候群」、「甲状腺機能低下症」、「急性糸球体腎炎」、「上大静脈症候群」などがあげられます。

ネフローゼ症候群は、尿に大量のたんぱく質が出てしまうことで血液中の蛋白質が減少し、
むくみや血液中のコレステロールなどの脂質の上昇などが現れる病気です。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気で男性に比べて圧倒的に女性に多い病気だそうです。

急性糸球体腎炎は、何らかの感染症が原因で、糸球体に炎症を起こす病気です。
糸球体が炎症がすると、水分や塩分が過剰になるため血圧が高くなり、むくみやすくなります。

上大静脈症候群は、上大静脈が閉塞または外部からの圧迫によって狭くなる病気で、血液が頭や腕にたまり、頭や腕がむくみます。

これらが顔のむくみから連想される病気の一例です。あくまで可能性なので、いつもと違うと感じたら、
まずは気軽に病院に行って相談するようにしましょう。

朝の顔のむくみを予防するために

朝のむくみを予防するためには、
身体を温めることと、運動やストレッチが大切であるそうです。

普段の入浴をシャワーだけで済ませている方は、
湯船にもつかるようにし、身体をしっかり温めて血行を促進させましょう。

また、冷たい飲み物はなるべく控えるようにし、
常温、もしくは温かい飲み物を飲むようにすると良さそうです。

運動やストレッチに関しては、血液を循環させるために筋肉をほぐすことで、
むくみ対策として効果が期待できます。

デスクワークで動きがなく座り続けるような場合や、
靴に関しても締め付けのある靴を履いている場合は、
むくみやすいので、運動やストレッチでしっかりほぐしてあげるといいでしょう。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学