ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

      2016/03/31

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

スポンサーリンク

  関連記事

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

赤ちゃんのしゃっくりの原因について

赤ちゃんのしゃっくりの原因は主に2つあります。

① 胃や食堂の活発な動きにより、しゃっくりを引き起こす

ミルクや母乳を飲むと、体内では胃や食堂が活発に働きはじめます。

それが赤ちゃんの横隔膜を刺激して簡単にけいれんしてしまい、
しゃっくりが出てしまうのです。

これに関しては飲んだり、離乳食などを食べることを
止めるわけにはいきませんので、しゃっくりが出てしまうのは

仕方ありません。

ですが赤ちゃんが成長するにつれて横隔膜も成長するので、
徐々に回数も減ってきます。

それまでは気長に待ちましょう。

② 身体が冷えることにより横隔膜が刺激される

赤ちゃんはおしっこを頻繁にしますが、濡れたオムツにより
身体が冷やされると横隔膜が刺激されてしゃっくりが出てしまいます。

これを防ぐ方法としてはおしっこが出たらすぐにオムツを替えることが
一番良いのですが、これは中々できないですよね。

何度も確認しないといけないし、おしっこする度にオムツを換えるのは
オムツ代も馬鹿にできないです。

これも特にいつも以上に短い時間で取り替える必要はなく、今まで通りの
オムツ換えの頻度で良いです。

これら2つの原因は避けることができないのですが、

実は赤ちゃんのしゃっくりは実は思う程苦しくなく
それ程心配する必要はありません。

ただずっとしゃっくりしているとやはり気になってしまいますよね。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりの2つの原因と5つの止める方法とは? | 健康一番

スポンサーリンク



  人気記事

赤ちゃんのしゃっくりは何かの異常のサイン?

しゃっくりは横隔膜のけいれんによって起こります。赤ちゃんが母乳やミルクを飲むときに、飲み過ぎたり、一緒に空気を吸ってしまったり、体温が変化したりすることが原因で起こります。これは、特別異常なことではありません。赤ちゃんは授乳の度に空気を吸いますし、体温調節機能が未熟ですので、泣いたり、着せすぎたり、外気に触れたりすることで、簡単に体温が激変します。

赤ちゃんのしゃっくりは、しばらくすれば大抵は止まりますし、見た目ほど苦しくはないそうです。ただし、何日も止まらない場合は、多発性硬化症などの病気が隠れていることもあります。たかがしゃっくりと侮らず、かかりつけの小児科医に相談してみましょう。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりストップ!9つの止め方と予防法3つ – マーミー

スポンサーリンク



赤ちゃんのしゃっくりの止め方について

一般的に、しゃっくりを止めるのに効果があると言われている、おどかしてびっくりさせる、息をとめる、といった方法は皆さんもおわかりの通り、赤ちゃんには向いていない方法といえるでしょう。
では、赤ちゃんに効果的、そして上手なしゃっくりの止め方とは一体どういった方法があるのでしょうか。
ミルクや湯冷ましを飲ませる

前述したように、赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲むことによってしゃっくりを引き起こすことがあります。しかし、少量の飲み物を与えることで、今度は逆に、しゃっくりを止めることができるのです。あくまでも気をつけなくてはいけないのは少量を与えるということです。
背中をさすってあげる

赤ちゃんは体温が下がることによって、しゃっくりをしてしまうので、まず背中をさすってあげる前にお母さんやお父さんの手を温めてからさすってあげると、体温の上昇も期待でき、効果が高まるでしょう。
オムツを替えてあげる

これもオムツを変えてあげることによって、赤ちゃんの体を温めてあげて、しゃっくりを止める方法です。オムツを変えてあげた後、ブランケットを1枚増やしてあげる、靴下を履かせてあげるなどといった方法で体温を上げてあげるのもよいでしょう。
げっぷをさせる

赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲む時に一緒に空気を飲み込んでしまい、それがしゃっくりを引き起こしてしまう、ということは前述したかと思います。そこで、げっぷをさせ、空気を吐き出させるというのはしゃっくりを止めるのに効果的なのです。
縦に抱っこしてあげて、背中を優しくさすってあげるとげっぷが上手く出ると思います。
うつぶせに寝かせる

赤ちゃんをうつぶせにねかせることによって、ピタっとしゃっくりが止まったというお母さんも少なくありません。
ただし、赤ちゃんをうつぶせに寝かせる時は、必ずお母さんやお父さんが赤ちゃんの側について、苦しくないかどうかチェックしながら寝かせてあげてください。赤ちゃんをひとりでうつぶせ寝にしておくのは万が一のことを考えて、絶対にやめましょう。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりの原因は?いつまで続くの?止め方は?

赤ちゃんがしゃっくりしている時に授乳しても大丈夫?

もうすぐ授乳の時間だけど、赤ちゃんがしゃっくりをしている時、しゃっくりが収まってからの方がいいのかな?と悩みますよね。

しゃっくり中に授乳してもムセてしまうんじゃないか?と思ってしまいますが、授乳はしても大丈夫です。

むしろ授乳することによってしゃっくりが止まる事もあるので、気にせず授乳してあげましょう。

授乳後にしゃっくりを始めた場合は、母乳の飲み過ぎで胃が大きくなり、横隔膜を刺激することによってしゃっくりに繋がっている場合もあります。

そんな時はげっぷをしっかり出してあげて下さい。

飲み過ぎているとげっぷと一緒に吐き戻してしまう事もありますが、その場合は母乳、ミルクが詰まらないようにさえしてあげれば大丈夫ですよ。

引用元-赤ちゃんのしゃっくり止め方と原因!しゃっくり中も授乳いい? | 育児や子育てに関する気になること解決しよう!

注意が必要な場合の赤ちゃんのしゃっくりについて

注意したい赤ちゃんのしゃっくり

通常、赤ちゃんのしゃっくりは、原因を取り除いてあげることで、短時間で自然に治まるものがほとんどですが、中には注意が必要な場合もありますので、赤ちゃんの様子をよく観察し、早めに対処しましょう。

呼吸の異常を感じる

新生児の赤ちゃんは、大人のように口呼吸はできず、鼻からしか呼吸することができません。そのため、鼻が詰まったままで、しかもしゃっくりを繰り返していると、呼吸も乱れ呼吸困難になることがあります。

吐き気やよだれを伴うしゃっくり

稀にではありますが、しゃっくりをしながら、ダラダラとよだれを垂らしていたり、吐き気をもよおしたりしていることがあります。その場合には、「逆流性食道炎」であることが疑われます。何度もこのような症状を繰り返すようでしたら、一度かかりつけの専門医師に相談してみましょう。

長引くしゃっくり

ほとんどの場合、赤ちゃんのしゃっくりには、大した問題がないことの方が多いものですが、何時間も続くしゃっくりには注意が必要です。特に、2日間以上続くしゃっくりは「難治性しゃっくり」と言われています。この場合、中枢神経や他の病気(脳梗塞や脳腫瘍など)の病気が原因となっている場合が考えられます。また、横隔膜に近い内臓や神経等に原因があることも可能性としてあります。

長時間しゃっくりが止まらない場合には、病院で一度診察を受けてみると良いでしょう。

引用元-赤ちゃん(新生児)のしゃっくりの原因としゃっくりの止め方

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て, 雑学