ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

      2016/03/31

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

スポンサーリンク

  関連記事

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

赤ちゃんのしゃっくりの原因について

赤ちゃんのしゃっくりの原因は主に2つあります。

① 胃や食堂の活発な動きにより、しゃっくりを引き起こす

ミルクや母乳を飲むと、体内では胃や食堂が活発に働きはじめます。

それが赤ちゃんの横隔膜を刺激して簡単にけいれんしてしまい、
しゃっくりが出てしまうのです。

これに関しては飲んだり、離乳食などを食べることを
止めるわけにはいきませんので、しゃっくりが出てしまうのは

仕方ありません。

ですが赤ちゃんが成長するにつれて横隔膜も成長するので、
徐々に回数も減ってきます。

それまでは気長に待ちましょう。

② 身体が冷えることにより横隔膜が刺激される

赤ちゃんはおしっこを頻繁にしますが、濡れたオムツにより
身体が冷やされると横隔膜が刺激されてしゃっくりが出てしまいます。

これを防ぐ方法としてはおしっこが出たらすぐにオムツを替えることが
一番良いのですが、これは中々できないですよね。

何度も確認しないといけないし、おしっこする度にオムツを換えるのは
オムツ代も馬鹿にできないです。

これも特にいつも以上に短い時間で取り替える必要はなく、今まで通りの
オムツ換えの頻度で良いです。

これら2つの原因は避けることができないのですが、

実は赤ちゃんのしゃっくりは実は思う程苦しくなく
それ程心配する必要はありません。

ただずっとしゃっくりしているとやはり気になってしまいますよね。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりの2つの原因と5つの止める方法とは? | 健康一番

スポンサーリンク



  人気記事

赤ちゃんのしゃっくりは何かの異常のサイン?

しゃっくりは横隔膜のけいれんによって起こります。赤ちゃんが母乳やミルクを飲むときに、飲み過ぎたり、一緒に空気を吸ってしまったり、体温が変化したりすることが原因で起こります。これは、特別異常なことではありません。赤ちゃんは授乳の度に空気を吸いますし、体温調節機能が未熟ですので、泣いたり、着せすぎたり、外気に触れたりすることで、簡単に体温が激変します。

赤ちゃんのしゃっくりは、しばらくすれば大抵は止まりますし、見た目ほど苦しくはないそうです。ただし、何日も止まらない場合は、多発性硬化症などの病気が隠れていることもあります。たかがしゃっくりと侮らず、かかりつけの小児科医に相談してみましょう。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりストップ!9つの止め方と予防法3つ – マーミー

スポンサーリンク



赤ちゃんのしゃっくりの止め方について

一般的に、しゃっくりを止めるのに効果があると言われている、おどかしてびっくりさせる、息をとめる、といった方法は皆さんもおわかりの通り、赤ちゃんには向いていない方法といえるでしょう。
では、赤ちゃんに効果的、そして上手なしゃっくりの止め方とは一体どういった方法があるのでしょうか。
ミルクや湯冷ましを飲ませる

前述したように、赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲むことによってしゃっくりを引き起こすことがあります。しかし、少量の飲み物を与えることで、今度は逆に、しゃっくりを止めることができるのです。あくまでも気をつけなくてはいけないのは少量を与えるということです。
背中をさすってあげる

赤ちゃんは体温が下がることによって、しゃっくりをしてしまうので、まず背中をさすってあげる前にお母さんやお父さんの手を温めてからさすってあげると、体温の上昇も期待でき、効果が高まるでしょう。
オムツを替えてあげる

これもオムツを変えてあげることによって、赤ちゃんの体を温めてあげて、しゃっくりを止める方法です。オムツを変えてあげた後、ブランケットを1枚増やしてあげる、靴下を履かせてあげるなどといった方法で体温を上げてあげるのもよいでしょう。
げっぷをさせる

赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲む時に一緒に空気を飲み込んでしまい、それがしゃっくりを引き起こしてしまう、ということは前述したかと思います。そこで、げっぷをさせ、空気を吐き出させるというのはしゃっくりを止めるのに効果的なのです。
縦に抱っこしてあげて、背中を優しくさすってあげるとげっぷが上手く出ると思います。
うつぶせに寝かせる

赤ちゃんをうつぶせにねかせることによって、ピタっとしゃっくりが止まったというお母さんも少なくありません。
ただし、赤ちゃんをうつぶせに寝かせる時は、必ずお母さんやお父さんが赤ちゃんの側について、苦しくないかどうかチェックしながら寝かせてあげてください。赤ちゃんをひとりでうつぶせ寝にしておくのは万が一のことを考えて、絶対にやめましょう。

引用元-赤ちゃんのしゃっくりの原因は?いつまで続くの?止め方は?

赤ちゃんがしゃっくりしている時に授乳しても大丈夫?

もうすぐ授乳の時間だけど、赤ちゃんがしゃっくりをしている時、しゃっくりが収まってからの方がいいのかな?と悩みますよね。

しゃっくり中に授乳してもムセてしまうんじゃないか?と思ってしまいますが、授乳はしても大丈夫です。

むしろ授乳することによってしゃっくりが止まる事もあるので、気にせず授乳してあげましょう。

授乳後にしゃっくりを始めた場合は、母乳の飲み過ぎで胃が大きくなり、横隔膜を刺激することによってしゃっくりに繋がっている場合もあります。

そんな時はげっぷをしっかり出してあげて下さい。

飲み過ぎているとげっぷと一緒に吐き戻してしまう事もありますが、その場合は母乳、ミルクが詰まらないようにさえしてあげれば大丈夫ですよ。

引用元-赤ちゃんのしゃっくり止め方と原因!しゃっくり中も授乳いい? | 育児や子育てに関する気になること解決しよう!

注意が必要な場合の赤ちゃんのしゃっくりについて

注意したい赤ちゃんのしゃっくり

通常、赤ちゃんのしゃっくりは、原因を取り除いてあげることで、短時間で自然に治まるものがほとんどですが、中には注意が必要な場合もありますので、赤ちゃんの様子をよく観察し、早めに対処しましょう。

呼吸の異常を感じる

新生児の赤ちゃんは、大人のように口呼吸はできず、鼻からしか呼吸することができません。そのため、鼻が詰まったままで、しかもしゃっくりを繰り返していると、呼吸も乱れ呼吸困難になることがあります。

吐き気やよだれを伴うしゃっくり

稀にではありますが、しゃっくりをしながら、ダラダラとよだれを垂らしていたり、吐き気をもよおしたりしていることがあります。その場合には、「逆流性食道炎」であることが疑われます。何度もこのような症状を繰り返すようでしたら、一度かかりつけの専門医師に相談してみましょう。

長引くしゃっくり

ほとんどの場合、赤ちゃんのしゃっくりには、大した問題がないことの方が多いものですが、何時間も続くしゃっくりには注意が必要です。特に、2日間以上続くしゃっくりは「難治性しゃっくり」と言われています。この場合、中枢神経や他の病気(脳梗塞や脳腫瘍など)の病気が原因となっている場合が考えられます。また、横隔膜に近い内臓や神経等に原因があることも可能性としてあります。

長時間しゃっくりが止まらない場合には、病院で一度診察を受けてみると良いでしょう。

引用元-赤ちゃん(新生児)のしゃっくりの原因としゃっくりの止め方

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て, 雑学