ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

   

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s
赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

8dbfa9a1502cb1f685ba95d85d5fc714_s
鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

bsHOTE86_makuragyu15234016
朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

tea-1040653_1280
冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

c80532bcf908802d6b9f98c8fc8588cd_s
疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

9d43e7f726d9a4bb1f0b2d820c4a9358_s
口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

bsPAK86_atamawokakaerudansei20131223
内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

c3928647afefc0e4a8657313fcfad753_s
宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

8f5f5d46be5f55ea6b9e8fb2cfdd5b98_s
炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

ski-599877_1280 (1)
北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

bsELL86_komorebinonaka
緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

a0003_001813_m
話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s
紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

anjyu160103477551_TP_V
子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

94f50aa302d18f6204f1179086dc47f8_s
大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_s
LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

2369bdbf45a79e7e50ab4a5219331782_s
朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

1391f66f09a7c17634f37fb59ce4b166_s
しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

67c7774099088531a074c527091fd764_s
仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

-shared-img-thumb-TSU98_scbb_TP_V

成長期の10代に起こりやすいひざの痛みオスグッド病とは

成長期のひざのスポーツ障害で最も多いのが、オスグット病です。ひざの下が痛み、ボコッと腫れてきます。 ひざの曲げ伸ばしを安定させている膝蓋靭帯は、脛骨に結びついていますが、成長期はその付着部分が軟骨でできています。靭帯との綱引きに負けると、軟骨が炎症を起こし、最後には剥がれて浮き上がってしまうのです。 オスグット病が目立つスポーツは、バスケットとサッカー。ほかにバレーや野球、いま小学校で流行っているミニバスケットなど、ひざに圧力をかける動作の多い競技です。サポーターで保護したり練習量を減らせば、成長期の終了とともに完治しますので、あまり心配はいりません。ただし、軟骨が浮き上がった状態で固まったり、剥がれたままになっていると、大人になっても痛む場合があります。

引用元-成長痛

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

ひざの痛みがあるオスグッド病のメカニズム

オスグッドのメカニズムは、主に下腿の伸展運動を行う際に強い筋力を発揮する
大腿四頭筋の働きによります。大腿四頭筋から膝関節をまたいでつながる
脛骨の前面部分の付着面に「強い牽引作用」「繰り返しの反復作用」がかかり続ける事で、
骨がはがれるなどの症状をもたらすのがオスグッド病の発症要因のひとつとなっています。
まだ成長期にある軟骨組織の多い子供の骨の場合は負担を大きく受けてしまう結果となるのです。
また筋肉や腱の成長が追いつかない事も原因のひとつとして考えられます。
 
■最も強く筋肉の伸縮が発揮される動作を具体的に考えてみると
 
●ジャンプ動作
●ダッシュ動作
●ストップ動作
などの動きを頻繁に繰り返し求められるスポーツ競技に発症する可能性が最も高いと言えます。
具体的にこれらの動作を踏まえ、ジャンプ動作やダッシュ動作が繰り返されるスポーツ競技を見ていくと
 ●バスケットボール
 ●バレーボール
 ●テニス
 ●サッカー
 ●ハンドボール
 ●陸上競技
●野球 
 などがオスグット病を発症する可能性が高いスポーツ競技と考える事が出来ます。

引用元-オスグット

スポンサーリンク



オスグッド病は10代前半に発症しやすい

オスグッド病が最も発症しやすい年齢は10歳~14歳の範囲。

 これは、この年代に骨が成長する点が上げられているが、スポーツの強度が強くなる時期でもあることから、様々な要因が関与して発症する障害と考えられている。

 年代がある程度限られているのは、脛骨と呼ばれる「すね」の骨の付着面が成長と共にしっかりと安定してくる為。

 成長期には個人差があり、ある程度ばらつきはあるが、やはり第2次成長期のスタート段階から中期までの間にその多くは発症している。

 逆に20歳を過ぎてからオスグットを発症するようなケースはほとんどなく、この成長期独特の障害であることから成長痛と呼ばれることもある。

 オスグット障害を発症した子供は、最初は痛みをこらえて運動を継続するが、そのうち動きに散漫さが確認できるようになってくる。

 自分から訴え出てこない児童も多く、親に相談しても気合で頑張れ!

 などとなってしまうと、頼れる場所もなく、痛みを抱えたまま重度のオスグッド症状まで発展してしまうケースもある。

 その為、この年代の子供を指導している指導者はオスグッドの存在を念頭において注視して観察していくことが求められる。

引用元-膝の下が痛いよ~!10代の子供の悩みの種はオスグッド?|医学

オスグッド病の予防法について

その予防法ですが、中学生の年代くらいまでは、ひざに負担をかけすぎないように、深い屈曲はさせないようにします。(身体が成長したら構いませんが)深くおしりをおとしたスクワットやうさぎ跳びもよくありません。特に、”そんきょ”の姿勢は取らせないようにしてほしいと思います。実は、和式のトイレの使用も、ひざへの負担になりますので、気をつけましょう。

そして、症状が出て”患部が痛い”のにストレッチをしてしまうと、余計に痛くなる場合もあります。ケガをしたらストレッチをしようというイメージがついてしまっているのですが、そうではなく、ケガの症状によっては伸ばしちゃいけないときもあるので注意が必要です。

私たちが練習を終わって行うのは、アイシングです。アイシングはとても大切で5分でいいので、氷を当ててあげましょう。痛みがでていないひざもやることが大事です。練習が終わったら5分冷やす。夏だったら、両足を水で流すのもいいでと思います。用意ができるのであれば氷が一番いいので、夏場は、氷のキューブを直接、患部に当て、溶けるまで冷やすといいですね。このときは時間を図るのではなく、氷が溶けたら終わりでいいと思います。そのほかには、大腿部をさするようなセルフマッサージもいいですね。

引用元-成長痛(オスグッド)のケア法・予防法 | サカイク

どんな状態になるともう安心?ひざの完治状態について

オスグッドが「完治した状態」とは、

走っても痛みが出ない
ひざの骨の出っぱりを押しても痛くない
全力で走っても痛みが出そうな怖さがない
走り終わった後、痛みが戻ってこない
この4つの状態がオスグッド完治の基準です。

色々な治療をしてもオスグッドの痛みが改善しなかった理由として「オスグッドの痛みを引き起こしている原因を改善できていない」事が考えられます。あなたが悪いわけではありません。

オスグッドの原因を正しく理解している医師、治療家が少ないことは事実です。だからこそ、「成長痛」と的はずれなことを言われてしまいます。まずは、オスグッドの正しい原因を知ることがオスグッド完治のための第1ステップなのです。

引用元-オスグッドを最短で完治させるための5ステップの治療方法

 - スポーツ, 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て